階段の向きを変える

箕面市桜の家Renovationの工事状況です。
プランニングの変更に伴い階段の向きを変えています。
既存の階段は踏面(足を乗せる部分)が浅く、蹴上(一段の高さ)が高く、
踊り場も狭くて回り階段のゆとりのないものでした。

既存階段の始まりが車庫に出てきて置くまで車を入れにくく、
玄関側への引き戸も頭が当たる高さしかありませんでした。

中2階前にある踊り場が狭く回り階段でした。

2階の階段を上り切ったところです。

今回は不便な部分を解消するために下記写真のように作り替えました。

階段の上り始めを左側に変更することによって、
階段は車庫側に出ますが奥の壁まで後退し、出入りする際も頭を下げる
必要のない高さの引き戸に変更しています。

階段の踏面を深く取り、中2階前の踊り場を広げて、
階段を1段増やすことで蹴上も低くなりました。

2階の上がりきった部分が左から右側に変わりました。
既存は天袋収納が有った部分です。

階段上部にはトップライトも追加になり、日中は照明が
必要なく明るくゆとりのある上りやすい階段になりました。

工事も佳境を迎えますが現場状況を見学してもらう事が
できますので、ご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。

関西・大阪・北摂(箕面・池田・吹田・豊中)と阪神間にて
建築・住宅設計をおこなうストック建設設計事務所